>

開業予定なら知っておきたい!貸店舗の選び方

あなたに合った店舗探し

イメージ通りの店舗作りができる物件の魅力

コンクリート打ちっぱなしの状態で、室内に内装や設備が何も無い状態の物件のことを「スケルトン物件」といいます。必要な内装や設備工事は自費で行い、退去時にも現状回復してスケルトンの状態に戻すことが必要です。

スケルトン物件のメリットは、自分のイメージ通りに設計ができる点や、前テナントのイメージにとらわれない点です。前テナントが地元で評判が悪い店舗だった場合、そのまま使うとどうしてもイメージにとらわれてしまい売上に影響してしまうこともありますが、全くの一から店舗を作り上げることでその心配はなくなります。

しかし、設備や内装から全て工事する為、費用面では高くついてしまいます。また、すぐに開業できるわけでないので、資金力に不安がある場合、現状回復の必要がない居抜き物件の方がおすすめです。

現状回復必要無しの物件でコストを抑える

これまで入っていた店舗が何らかの事情で退去することになっても内装や設備をそのまま残すことのできる物件を「居抜き物件」といいます。

通常、退去時には現状回復を行わなければなりませんが、そのまま残すことが出来るため現状回復費用はかかりません。そして、これまで入っていた店舗と同業の仕事を開業する場合、設備をそのまま使うことも出来るため初期費用を抑えることができます。

メリットの多い居抜き物件ですが、借りる場合はいくつかの注意が必要です。
まず前テナントがどうして退去することになったのかは必ず確認しましょう。
集客率が悪く経営状態が悪化して廃業した場合、同業種の開業を同じ場所でしても失敗する可能性が高くなります。また内装や設備などをイメージチェンジするために工事をして思った以上にコストがかかってしまったというケースもあります。居抜き物件を借りる際には事前の確認を徹底しましょう。


この記事をシェアする