開業予定なら知っておきたい!貸店舗の選び方

これから開業!どんな店舗を借りれば良いのか

憧れの開業!貸店舗の選び方から契約までをサポート

いざ店舗を出店する際、どんな場所にお店を出すかは非常に大切です。 出店するエリアによっては「お客さんが集まらず赤字になってしまった・・・」ということもありますので、十分に検討しましょう。 集客できるエリアは開業予定の業種により異なります。どんなエリアに出店すべきか確認しておきましょう。

あなたに合った店舗探し

一般的な貸店舗は、退去する際に綺麗な状態に戻して現状回復する義務がありますが、最近では居抜き物件といって現状回復の必要がない物件も増えてきました。 居抜き物件なら、前テナントの内装や備品をそのまま使うことが出来るので初期費用を抑えることも可能です。それぞれの物件の特徴を知っておきましょう。

賃料の値下げ交渉は可能?好条件の物件を借りるコツ

好条件の物件は人気のためすぐに借主が決まってしまいます。人気物件を借りるコツを抑えておきましょう。そして、賃料は交渉次第で値下げすることができる場合もあります。相手を納得させるためにきちんと準備してから交渉に臨みましょう。 その他、知っておきたい賃貸契約時の注意点や看板設置のルールをまとめました。

立地の良さは客層次第!まずはターゲットを明確に

資金を準備したり事業の計画も練って、そろそろ店舗探し・・・となったら、なるべく良い立地でお店をオープンしたいものですよね。
好立地というと「駅から近い」「人通りが多い」「都心にある」「路上に面している」など様々な条件がありますが、出店予定の業態がターゲットとする客層によって集客力は異なる為、ターゲットの明確化は非常に大切です。
希望するエリアが定まったら実際に足を運んで、周りの商店も賑やかであるか、近くに競合店は無いか、どんな人がどんな時間帯に歩いているかなどを確認しましょう。地図やインターネットの情報だけではわからなかったことも見えてきます。

貸店舗にも2種類のタイプがあり、賃貸契約後に内装や設備などの工事をして、退去の際には現状回復義務があるものが大半ですが、最近では現状回復義務が無く、前の借主の内装や設備をそのまま使うことのできる貸店舗も出てきています。それぞれにメリットとデメリットがあるので確認して自分に合った店舗を借りるようにしましょう。

大まかなエリアが決まったら次は空き店舗探しです。
好立地な物件は開業予定の人から非常に人気があり、インターネットなどで募集をかける前から借主が決まっています。住宅の賃貸を取り扱う不動産業者ではなく貸店舗専門の不動産業者であれば、未公開物件の情報も取り扱っています。
紹介の連絡を受けたときの対応方法や、賃料の値下げ交渉の方法を知っておいて希望の物件をスムーズに契約しましょう。

その他にも連帯保証人についての注意事項や看板設置の際のポイントなど初めて店舗を借りる人にとって知っておきたい情報をまとめました。
貸店舗選びから契約までのポイントを抑えて開業をサポートします。